• ホーム
  • 女性の薄毛はホルモンバランスの乱れから?原因と対策

女性の薄毛はホルモンバランスの乱れから?原因と対策

女性の薄毛は頭皮の栄養不足により起こることが多いですが、近年はFAGAと呼ばれる男性型脱毛症に近い薄毛が増えています。
ストレス社会の影響でホルモンバランスが崩れてしまうと、男性ホルモンが優位になって髪を減退させるわけです。
心と体のバランスが崩れると体調悪化を招きますが、その影響は男性以上に女性のほうが強いです。
30代あたりから薄毛に悩む女性が増えてくるのは、男性のAGAと共通しています。

女性の薄毛は髪全体が弱ってくるのが特徴で、原因はストレスや生活の乱れにあることが多いです。
不規則な生活の中でも特に寝不足はホルモンバランスを崩すので注意してください。
肌のゴールデンタイムの22時から2時に起きている状態は、髪にとってこの上ないストレスとなります。
毛母細胞の新陳代謝を促進するためにも、夜はしっかりと眠るようにしてください。
夜ふかしは血行不良を招いてしまうので、薄毛を急激に促進させてしまいます。

FAGAを予防するためには医薬品の発毛剤が効果的で、育毛剤を超える効果が期待できます。
発毛剤は原則として医薬品に属し、医薬部外品よりも高い効果があるわけです。
半年程度の継続使用によって、抜け毛の予防・髪質の改善などを期待できるでしょう。
頭皮が柔らかくなってきたら血行促進により、毛母細胞が元気になっています。
ターンオーバーを正常にすることが発毛につながるため、頭皮が硬くなっているなら注意が必要です。

発毛剤の効果を高めるためには、シャンプーから変えていくのがおすすめです。
合わないシャンプーが原因で抜け毛を増やしてしまうケースは多いので、価格が高いものを使用してみましょう。
シャンプーはどれも同じと考える人もいますが、洗い上がりからまったく違います。
2~3週間も使用すれば頭皮と髪質が以前より改善し、うるおいのある状態になるでしょう。
女性の薄毛対策は早いほど効果的なので、若干髪のボリュームが減ったと感じたときが対策のタイミングです。

女性の薄毛対策法

女性の薄毛、FAGAの対策にはまず予防が大切で、何よりも生活習慣を規則正しくすることが大切です。
夜は22時までに寝て、22時から2時までのゴールデンタイムの間はしっかり熟睡状態であるようにしましょう。
夜ふかしは美容の敵です。
これは薄毛対策だけでなくお肌全体にも言える事です。

寝不足は女性ホルモンのバランスを狂わせる原因となります。
頭皮の毛母細胞の新陳代謝が悪くなって薄毛の原因になるのです。
将来高額の育毛剤や育毛シャンプーを使わなくても良いように、髪が気になる前から、夜ふかしはせずにゴールデンタイムはしっかり寝る事だけは守ってください。
髪が薄くなってから嘆いても遅いので、若いうちから心がけてください。

薄毛対策には頭皮の血行をよくすることが必要です。
先程も申しましたが、育毛剤よりも発毛剤の方が効果的です。
発毛剤は原則として医薬品に属します。
医薬外品の育毛剤よりも高い効果があるわけです。
半年ほど継続使用することにより、抜け毛を予防したり髪質を改善していく効果が出ててくるので、気長に効果を待つ気持ちが大切です。
頭皮が固いと感じている人は血行が悪くなっているのですが、継続して使用する事によって血行がよくなり柔らかくなってくるでしょう。

シャンプーの選択も大切です。
洗浄の強すぎる石油系などのシャンプーを使っていると頭皮に悪影響を及ぼし、抜け毛を増やす原因になります。
アミノ酸系のシャンプーなど頭皮に優しい成分のシャンプーを選んで使用するようにしましょう。

女性の薄毛対策はまだ新陳代謝が盛んな頃に始める方が効果的です。
最近髪のボリュームが若干減ったかなと感じた時が対策しなければならないタイミングです。