• ホーム
  • ED治療薬とAGA治療薬の併用は可能?

ED治療薬とAGA治療薬の併用は可能?

勃起不全の改善薬の事をED治療薬と呼びます。
一方、男性型脱毛症の事をAGAと呼び、EDやAGAの原因の中にはストレスによるなどの共通点もあります。
EDの症状をイメージする人の中にはまったく勃起しないなどがあるかと思われますが、症状は様々で勃起状態になるものの途中で元の状態に戻るケース、女性器への挿入が困難な状態になるケースなど様々です。
ED治療薬はクリニックで処方を受ける事が可能な医薬品です。

男性型脱毛症は遺伝子による影響で体内酵素とテストステロンが結び付き、強制脱毛ホルモンに変換され、抜け毛を促進するホルモンが活性化する、これにより前頭部や頭頂部の抜け毛が多くなります。
そのまま放置しておくと、抜け毛の量が多くなる可能性が高いなどからも早めに治療を受ける事が推奨されています。
男性型脱毛症のAGA治療薬には副作用が生じる事があり、その副作用の一つにEDがあげられます。
男性機能が低下する副作用の一つとしてEDがありますが、AGA治療薬の副作用には精子量の減少や性欲の減退などもあります。

AGA治療薬を利用したら勃起不全の状態になった症例はそれほど多くはないと言われていますが、症状が現れた時には掛かりつけ医師に相談を行う事でED治療薬の処方を受ける事が出来ます。
これは2つの医薬品を併用出来る意味でもあるわけです。
医薬品の中には併用してはならない併用禁忌薬と呼ぶものがありますが、それぞれの医薬品の併用禁忌薬にはAGAの場合はED治療薬、EDの場合はAGAの治療薬は含まれていません。

ちなみに、これらの医薬品はクリニックで処方して貰うだけでなく、通販サイトを利用して入手する事も可能です。
また、AGAやEDの大半はストレスが原因などと言われているので、ストレスを発散するように心掛ける事も大切です。
食生活の改善や生活習慣の改善を図る、その上で医薬品を上手に活用して2つの医薬品を併用して治療に望むようにしましょう。

EDとAGAの治療薬の入手はクリニックの処方?通販?

EDは勃起不全もしくは勃起障害と呼ぶ症状、EDの症状が起きる原因の中にはストレスや食生活、生活習慣などが影響を及ぼすとも言われています。
また、一度勃起状態が悪くなると、それがプレッシャーとなり今回も勃起しないのではないだろうか、途中で中折れになるのではないかなどの不安が強くなる事もあります。
数回不安と現実が繰り返すと症状は悪化してしまうなどのデメリットがありますが、こんな時にはED治療薬を使う事で自信を取り戻せる可能性が高くなります。

ストレスで薄毛が生じる事もありますが、若い男性の薄毛の多くはAGAと言われています。
現代はAGA専門外来を利用する事で薄毛の症状をストップさせる事が出来る、抜け毛を防止する上に発毛や育毛効果を期待出来るようになっています。
AGA治療薬の副作用の中にはEDを発症させてしまうケースもありますがAGA治療薬とED治療薬の併用は可能で、AGA治療を受けている人の中でEDの症状が発症した時にはクリニックの専門医に相談する事で治療に最適な医薬品を処方して貰う事が出来ます。

尚、ED治療薬やAGA治療薬はクリニックで処方して貰うだけでなく、通販サイトでも入手が出来るようになっています。
通販サイトの中には個人輸入を行っているお店があるので、海外の医薬品を安く購入が出来るメリットがあります。
EDやAGA治療に使用する医薬品はいずれも保険が適用しないので、クリニックで処方して貰うと全額自己負担になります。
通販サイトで購入する場合には保険適用の医薬品でも自分の意志で購入する点などからも負担額は全額です。
但し、通販サイトの場合は処方されるものよりも値段が安いなどのメリットがあります。
評判が高い通販サイトを使えば品質が高い医薬品購入が可能です。